花粉症に効く万能ハーブ「エルダーフラワー」紅茶のプロが教える楽しみ方3選【妊婦さんにもおすすめ】

ひな
皆さんこんにちは、ひなです♡

最近、急に春らしくなってきてワクワクが止まりません♡スタバや雑貨は桜だらけ🌸ピンクであふれて1番好きな季節です。

でも花粉症の人はだんだん辛くなって来る時期ですよね。なぜなら私の夫も花粉症…。

なのでつらさがとても分かります。

そんな花粉症を和らげるハーブがあることをご存じでしょうか?

ひな
今回は花粉症に効くハーブ、エルダーフラワーを紅茶マイスター・紅茶コーディネーターの資格を持つひながご紹介いたします♡
スポンサーリンク

エルダーフラワーとは?

エルダーフラワーはヨーロッパ原産。ヨーロッパではなじみの深いハーブで「インフルエンザの特効薬」 として知られています。

小さな白い花をいくつも咲かせ、香りはマスカットのようなさわやかな香りが特徴。

ひな
ちなみにエルダーフラワーの花言葉は「思いやり」「熱心さ」「哀れみ」

エルダーフラワーの効能

エルダーフラワーに含有されているフラボノイドという植物由来のポリフェノールが毛細血管を頑丈に保つ働きがあるため、花粉症の症状であるくしゃみや鼻水、はなづまりといった症状を緩和 することが出来ます。

このハーブは粘液を浄化して呼吸器の気道をきれいにしてくれることから、昔から風邪やインフルエンザの治療に用いられていました。

また、エルダーフラワーは利尿作用と発汗作用に優れており体内に溜まった毒素の排出を助けます。

ひな
むくみの気になる方は、エルダーフラワーのハーブティーがおすすめです♡

エルダーフラワーにはリラックス効果もあり、マスカットのような甘い香りを漂わせるエルダーフラワーティーを飲むと不安やうつな気持ちが和らぎ神経の緊張がほぐれて安眠することができます!花粉症でイライラする時期にもオススメ です!

エルダーフラワーの楽しみ方4選

エルダーフラワーの楽しみ方を3つ紹介していきます!

①ハーブティー

1番ベーシックな楽しみ方はハーブティ

抗炎症作用を持っているので、飲むことで喉の痛みや気管支の炎症に効果的 です。

ひな
風邪や花粉症で喉がイガイガする時には、濃いめに煮出したエルダーフラワーのハーブティーでうがいをするのもおすすめです♡

②コーディアル(シロップ)

もともとエルダーフラワーはコーディアルと呼ばれるシロップが有名です。

水や炭酸水、アルコールと割って飲んでも美味しいですし、アイスクリームやホットケーキなどにかけても美味しくいただけます!

1本あれば美味しくエルダーフラワーが摂取出来るのでオススメです♡

③ジャム

エルダーフラワーはマスカットに似た風味を持っているので、生の花をジャムにしても美味しくいただけます!

ヨーグルトやトーストにかけても相性抜群!

また、エルダーフラワーの実(エルダーベリー)は鉄分・ビタミンを多く含みます。

お花はハーブティやジャム、その後に実を食べれるので1度に2度楽しめちゃいますね!

ひな
私もいつか家で育てたいハーブの1つです

エルダーフラワーと相性の良いハーブは?

エルダーフラワーをさらにパワーアップさせる方法はエルダーフラワーと近い効果・効能を持つハーブとのブレンド!

ネトル ペパーミントリンデン などをを加え、ホットティーとして飲用することでさらに花粉症に聞く効果が得られると思います!

ひな
私はレモングラスなどと合わせてスッキリ飲むのが好きです♡

妊娠中は摂取して良いの?

エルダーフラワーは妊娠中の方でも安心して飲むことが出来ます。

「インフルエンザの特効薬」との異名を持つエルダーフラワーなので妊婦さんの風邪予防や、花粉症だけど薬が飲めないときにもオススメです!*薬を飲んでいる方は飲み合わせを必ず主治医に確認してください。

また、妊娠中はむくみが気になると思います。そんなときにもエルダーフラワーの発汗作用と利尿作用によりむくみの軽減にもつながります。

花粉症に効くハーブティー「エルダーフラワー」まとめ

花粉症の時期、目を赤くしてくしゃみが止まらない夫を見てるのはとても可哀想…。

私は花粉症ではないんですが、ハウスダスト持ちで1年を通じて慢性鼻炎なので夫と一緒にエルダーフラワーを楽しみたいと思います!

ひな
ティータイムの紅茶をエルダーフラワーに変えて憂鬱な花粉症の時期を乗り切りましょうね♡

気に入ったらシェアしてね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紅茶と可愛いものが大好きなママブロガー。2016年に結婚。アンバサダーホテルで挙式をしました!現在は2歳と0歳の2児のママをしています。自分をお姫様扱いして笑顔になろう!を合言葉に、家事育児・仕事に追われるママ・女性が自分を「お姫様のように」大切にし、自分で自分のことを幸せにしていけるそんな日々の工夫と手帳術を発信しています。